« 疾風 | トップページ | Albatros »

2015年2月23日 (月)

ハヤテ

 毎朝、顔を見合わせると、鼻息荒く寄ってくる。

 互いの白い息が混じり合い、甘い牧草の匂いに包まれる。

 私の至福の瞬間だ。

 そわそわとして、早く外に出たそうに、馬房の中庭をウロウロするハヤテ。

 急かされるように、大きな馬着を外して柵に掛ける。

 ハヤテの額の広い大きな顔に無口をつけて、両側に引き綱の両端のカラビナをつけて即席の手綱にする。

柵戸を開けて、外に出すと、放牧場へ向けてスタスタと歩き出そうとするハヤテ。

手綱をひいて抑えながら、少なめのたてがみと一緒にしっかりと握り、右手はハヤテの滑らかな背中の上に置く。

 膝を1、2と屈伸させて、3でエイヤッと背の高いハヤテの背中に跳び上がる。

 ハヤテの背中の上で腹ばいになり、向こう側に頭から落っこちないように(一度、勢い余って落っこちた)、鞍馬の要領で体を回転させ、右足をぐるっと回す。

 ハヤテは、そんな悪戦苦闘する私を尻目に、スタスタと放牧場へと歩き出す。

 柔らかな草の生えた土の上に来ると、手綱をやや控え、片足を後ろに引いて合図を送る。

 待ってましたとばかりに疾風のように駆け出すハヤテ。

 鞭も拍車も使わなくても、自分から走り出す。

 走りたいから走ってる。

 馬としては高齢の20歳。

それでも、馬は、やっぱり、走るのが好きなんだなと嬉しくなる。

 風が止まると消えてしまうように、馬も生きている限り走り続けたいのだなと思った。

0032_xlarge

写真:楯岡由紀さん

 

 ハヤテが牧場に来て3週間が経った。

最初は、どうなることかと思ったが、幸い、私の中に馬の形をしたDNAが組み込まれているようで、多くの人達の助言を仰ぎながらも、どうにかこうにか、この牧場に最適なハヤテとの共存方法を見つけ出しつつある。

馬房に閉じ込めて、一日1時間ほど運動をさせて、一日34回餌をやるというのが多頭飼いで忙しい馬牧場でのスタンダードな飼い方かもしれないが、ここは15町歩もある広大な牧場で、馬が一頭だけという贅沢な環境だ。

できるだけ、昼夜放牧に近い形で、馬も人もストレスのない飼い方をしたいと考えた。

広大な放牧地全体を牧柵で囲うことはできるが、金銭的・時間的・労力的な問題に加えて、人との境界はなるべく物理的でないものに頼りたいと考えた。

馬と人はもちろん違う。けれども、馬と人との間にも信頼関係は成り立つはずだ。

ここでの問題は、一頭だけのハヤテを放牧すると、どこかに逃げてしまうのではないか?ということではなく、群れが基本の馬であるハヤテは一頭でいることにほんの数分ですら耐えられないということだ。

私でなくとも、誰か人が付き添ってさえいれば、あちこち視界の届く範囲で移動して草を食む。

だが、そ~っと付き添いが姿を消すと、視界から人の姿が消えたのに気づいた途端、駆け足で追ってきて、大声でいなないて孤独を訴える。

姿を見せると、そばへと寄ってきて、また何事もなかったように草を食むか馬小屋への道を歩き出す。

 

1放牧場は、なだらかな丘になっていて、牧場に入っていくと、最初に目に入る緑の牧草地だ。

馬小屋からそこへの道は簡単だし、卵採りの作業員さん達も途中にいるので、だいぶん場所慣れしてくれたようで、ある程度は一人にしておいても大丈夫になった。

1~2時間位して、満腹になるか寂しくなれば、道草を食みながら、自分で歩いて帰ってきて開け放しておいた馬小屋の中に自分で入るようになった。

2放牧場は、別の丘の上にある堆肥舎の奥にある。離れているので、なかなか一人でいることに慣れてくれなかったが、広くて、ハヤテが好きな草も豊富にあるので、なんとか1時間でも一人でいてくれないかと思案した。

馬は、犬よりも人の個体識別能力が甘いようだ。そこを利用しようと思った。

竹を切ってきて十時に組み合わせ、てっぺんにはペンキの空き缶をかぶせ、破れのひどい愛用のヤッケを着せて私の分身(かかし)を作った。それを放牧場の隅に置いてみた。

結果は思った以上の成功をおさめた。時間以上経ってもいななかず、かかしの見える範囲で無心に草を食んでいる。

ただし、影武者とソ~っと入れ替わるように立ち去らないとハヤテも慌ててついてくる。

大体、1~2時間でお腹が一杯になって、馬小屋に帰りたくなっても、パニックして一人で来た道を駆け戻ることもなく、かかしのそばに所在なげに突っ立って、

「早く帰ろうよ!」

と、いなないて催促する。

Dscf9207

私はそれを聞くと、やりかけの仕事を投げ出して、慌てて迎えに走る。

触られるのがあまり好きではないハヤテだが、そんな時は首筋に抱きついてもいやがらない。

私の大きなテディ・ベア。

 

ハヤテが来てくれて本当に良かった。

ハヤテを紹介して下さった引退馬協会さん。

直接の譲り主である警視庁騎馬隊のみなさん。

受け入れを快く許してくれた鶏卵牧場の村石社長。

ハヤテを応援して下さる名誉馬主さんはじめ多くの人々。

心から、お礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

今後とも、ハヤテをよろしくお願い申し上げます。

|

« 疾風 | トップページ | Albatros »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 疾風 | トップページ | Albatros »